考え事をするのに一番いい環境

考え事をするのに一番いい環境

脳は何か感覚入力がないと、それを埋めようとして色々と創り出してしまう。

脳みそ

なので、むしろ、それほど注意を向けなくてもよい程度の感覚の入力があると、脳はかえって思考に集中できる。

京都に「哲学の道」があるが、西田幾多郎が毎日歩いていて、毎日歩いているから景色に注意を向ける必要がない。

そういう、「いつも歩いている道」が、実は考えるのに一番いい。

いつも歩いている道"

自分が毎日歩いている通勤・通学に使っている道で考えるのが一番よい。