記憶のメカニズム「長期記憶」と「短期記憶」

記憶のメカニズム「長期記憶」と「短期記憶」

記憶の中には長い間覚えている「長期記憶」一時的に覚えている「短期記憶」がある。

「長期記憶」は「側頭連合野(そくとうれんごうや)」に、「短期記憶」は「海馬(かいば)」などに蓄えられる。

脳の中の海馬と側頭連合野

覚えるということは、海馬の働きにより「短期記憶」を側頭連合野に「長期記憶」として定着させること。

海馬の働きにより「短期記憶」を側頭連合野に「長期記憶」として定着

何度も何度も行うことで、強く刷り込まれることが分かっている。

【まとめ】

記憶には「長期記憶」と「短期記憶」があることを知る。

記憶するとは「短期記憶」で終わらせずに、「長期記憶」まで持っていく作業。


1000時間ヒアリングマラソン 英語教材ヒアリングマラソンの体験談

プロミスの審査に落ちた