銀河鉄道の夜(宮沢賢治)

銀河鉄道の夜(ぎんがてつどうのよる)
宮沢賢治(みやざわけんじ)

1924年(大正13年)ごろ初稿が執筆され、賢治の死の直前まで変化発展し続ける。

宮沢賢治の童話作品であり、賢治の最高傑作と言われている。

孤独な少年ジョバンニが、友人カムパネルラと不思議な銀河鉄道の旅をしながら、人間の本当の幸せを探し始める物語。

不思議な世界観を持ち合わし、多様な解釈ができるため、多くの映画・漫画・絵画などの取り上げられている作品。

「銀河鉄道の夜」の内容

ジョバンニは病気の母と2人で暮らし、母の看病をしている。

学校が終わると、活字拾いのアルバイトへ。

そのため、学校では眠くてしかたない。

父親は漁に行って以来、戻ってこない。そのことで、友人たちにからかわれることも。

そんな中、友達のカムパネルラだけは優しく接してくれる。

銀河の祭りの夜、友人にからかわれて辛くなって丘へ行くと、「銀河ステーション」という声が聞こえ、いつの間にかカムパネルラと一緒に不思議な汽車に乗っていました。

ここから、不思議な銀河鉄道の旅がはじまります。


ネット宅配レンタルの延滞料金 ネット宅配レンタルは延滞料金なし

4社で200万の借金