商品の「使用価値」

商品の「使用価値」

マルクスは「資本論」の中で次のように言っています。

あるものの有用性が使用価値となる。われわれが考える社会形態の中では、商品の使用価値は同時に交換価値の素材的な担い手である。

つまり、マルクスは商品には「使用価値」と同時に「交換価値」の2つがあると言っているのです。

「使用価値」というのは、使って役に立つということ、人間の欲望を充足するということです。

たとえば、お腹が空いたらパンや麺やご飯を食べて食欲を満たします。

つまり、パンや麺やご飯の「使用価値」は「空腹を満たすこと」ということです。

服の「使用価値」は「寒さを凌いだり、オシャレをする」ことです。

こういうものをマルクスは「使用価値」と呼んでいます。

商品の「交換価値」と「労働価値説」に続く »