ニーチェの「ツァラトゥストラ」を理解するための解読ポイント

ニーチェの「ツァラトゥストラ」を理解するための解読ポイント

「ツァラトゥストラ」に書かれている難解と言われているニーチェの思想を理解するためには、以下の3つのポイントを抑える必要があります。

(1)ニーチェの生い立ち

ツァラトゥストラとはニーチェの分身なので、ニーチェの生い立ちが分かれば、このツァラトゥストラに込められた思いも分かってくる。

(2)ルサンチマン

「ルサンチマン」とは「恨み、妬み、嫉妬」という意味。

ニーチェの生涯もそうとう不幸な人生を歩み、このルサンチマンに満ちた人生であったはず。

そのルサンチマンに満ちた生涯をどうやって克服して、価値を転換していくのか?

(3)価値の転換

これまでのキリスト教的な価値ではない価値を作り出す。

これがニーチェが「ツァラトゥストラ」の中で伝えようとした思想。

ニーチェの生い立ち、生涯に続く »