ニーチェ「永遠回帰の指輪」人生には輝いている時もあれば最悪の時期もある

ニーチェ「永遠回帰の指輪」
人生には輝いている時もあれば最悪の時期もある

ニーチェの「ツァラトゥストラ」の中に「永遠回帰の指輪」が出てきます。

永遠回帰の指輪

指輪が人の人生を象徴しているのです。

指輪にはダイヤが付いていて輝いている箇所もあれば、サビていて汚い箇所もあります。

人生にはダイヤのように輝く時期もあれば、忘れてしまいたいほど最悪の時期もあるということです。

「永遠回帰の指輪」は、自分の人生にはマイナスもプラスもあるが、トータルの人生の輪が何度も巡ってくるということを意味しています。

ニーチェは「ダイヤと共に、イヤなことも引き連れて、自分の人生を全部肯定せよ」と言っているのです。

さらに、ニーチェは「自分のイヤなこと、耐え難いことなどの苦しみを仕方なく受け入れるのではまだ甘い。その苦しみを欲さなければならない。」とも言っています。

つまり、マイナス部分も「これで良かった」と全肯定する、自分のネガティブな事も含めて全肯定するということです。

すべての「こうあった」を「私がそう欲した」につくりかえること。

そういう生き方のことをニーチェは「運命愛」と言っています。

この「運命愛」の態度を持てた人は、自分の人生を何度でも繰り返そうと「永遠回帰」を受け入れたことになるのです。

ニーチェ「ツァラトゥストラ」の「深夜の鐘の歌」に続く »