ニーチェの代表作「ツァラトゥストラ」の物語あらすじ

ニーチェの代表作「ツァラトゥストラ」の物語あらすじ

ニーチェの代表作「ツァラトゥストラ」は、主人公のツァラトゥストラが旅をしながら自らの思想を説くというスタイルをとっています。

ツァラトゥストラは10年間、山にこもって知恵を蓄えました。

その成果を人々に伝えようと、山を下りていきます。

まず、ツァラトゥストラが出会ったのは、世を捨てた聖者でした。

人を避け、神にすがって生きています。

その聖者の姿を見て、ツァラトゥストラは「あの人は知らないらしい。神が死んだということを。」と思いました。

街に着いたツァラトゥストラは群衆に「超人」について説法を始めます。

ツァラトゥストラは「見よ。私は君たちに超人を教える。超人は大地の意味である。」と説きます。

しかし、なんのことか理解できない人々はツァラトゥストラを敵視し、あざ笑います。

ツァラトゥストラは理解者を育てようと、弟子をとり、新しい教えを語ります。

ツァラトゥストラは「なんじ自身の価値と共に生きよ。」と説きます。

この時、ツァラトゥストラの中には「永遠回帰」の思想が宿っていました。

「永遠回帰」の思想とは、人生が永遠に同じように繰り返されるという考え方です。

それは、最悪の苦しみさえも繰り返されることを意味しました。

しかし、ツァラトゥストラ自身、まだこの思想に向き合う勇気がありませんでした。

そこで、ツァラトゥストラはまた山の洞窟にこもり、自らの成熟を待ちます。

瀕死の病に襲われながら、ツァラトゥストラはついに「永遠回帰」の思想を我がものにします。

ツァラトゥストラは「たった一度でも心からの喜びがあれば、人生は何度でも繰り返すに値する。」と語ります。

それから、様々な訪問者がツァラトゥストラの洞窟を訪れてきました。

彼らも「永遠回帰」の思想を受け入れます。

ツァラトゥストラは多くの人々に自らの思想を伝えるため、使命感に燃え、再び山を下りていきます。

ツァラトゥストラは次のように語ります。

「見てください。あまりにもたくさんの蜜を集めた蜜蜂のように、この私もまた、蓄えた知恵がわずらわしくなってきました。今は知恵を求めて差し伸べられる手が私には必要となってきたのです。私は分配し、送りたい。そのためには、私は下へ降りていかなければなりません。私を祝福してください。どんな大きな幸福でも妬まずに見られる静かな目であるあなたよ。満ちあふれようとするこの杯を祝福してください。」

ニーチェの「ツァラトゥストラ」を理解するための解読ポイントに続く »