ブレインストーミングでは発想を刺激するものに囲まれると良い

ブレインストーミングでは発想を刺激するものに囲まれると良い

ティナ・シーリグ先生はブレインストーミングでは小物などの発想を刺激するものに囲まれると良いと言っています。

たとえ、1人で空っぽの部屋にいたとしても、小物が刺激を与えてくれます。

壁が真っ白なだけの部屋は殺風景で誰も入りたがりません。

自分の周りに色やモノがあることが重要です。

発想を刺激してくれるものに囲まれることはブレインストーミングでは重要なことなのです。

たとえば、新しいペンのデザインをするなら、創造力を刺激する小道具としていろんな種類のペンや筆記用具を持ち込むといった具合です。

ブレインストーミングでは参加者に複数のカテゴリーで投票してもらうに続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加