その他にブレインストーミングで重要なこと

DVD BOX

とうとう番組DVDが発売!

NHK スタンフォード白熱教室 DVD BOX »

全8回の講義の模様を収録したDVDにロングインタビューを収録の特典ディスクが付いた5枚組。


その他にブレインストーミングで重要なこと

ティナ・シーリグ先生やアシスタントの先生が言っていた、ブレインストーミングで重要なこととして、他にも以下のことがありました。

  • すべてのアイデアが奇想天外である必要はないが、奇抜なアイデアは大歓迎。それが素晴らしいアイデアの元になるかもしれないから。
  • アイデアを批評せず、どんなアイデアでもすべて「よし」とし、他人だけでなく自分のアイデアも自分で批評しないこと。じゃないと「こんなバカなアイデアは他の人に笑われる」と心配になって言えなくなる。でも、みんなが1つにまとまっていれば、思ったことを自由に話せるようになる。
  • 参加者にルールを再確認してもらうことは非常に重要。なぜなら、ブレインストーミングでは日常生活とは違うことをするから。
  • 普段は人に何かを聞かれても「よく分からない・・」「私には向かないかも・・」と答える人が多いように、アイデアを膨らませようと常に前向きな状態でいることは難しいこと。
  • ブレインストーミングを始める前に、既成概念を破ることを確認する。今のテクノロジーや重力の法則にしばられないと奇抜なアイデアが出てくる。
  • みんなが見えるところにみんなのアイデアを書ける方がいい。
  • 時間をおいてまた集まるのもいい。
  • 自然の法則や現実的かどうかは気にしない。現実的な部分や非現実的な部分があっていい。
  • ブレインストーミング中にアイデアをまとめるに有効なツールとしてマインドマップを使う。

第2回「名札をめぐる冒険」問題点からチャンスを見つけるに続く »

当サイトをきっかけにティナ・シーリグ先生の「起業家育成コース」についてもっと詳しい内容を知りたいと思った人は、以下のDVDや書籍をご覧ください。

NHK DVD スタンフォード白熱教室DVD BOX [DVD]
NHK DVD スタンフォード白熱教室DVD BOX [DVD]
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
ティナ・シーリグのスタンフォード大学白熱講義 (DVD付き)
ティナ・シーリグのスタンフォード大学白熱講義 (DVD付き)
What I Wish I Knew When I Was 20
What I Wish I Knew When I Was 20