ブレインストーミングにかける時間は元気が残っている間に終わらせる

ブレインストーミングにかける時間

ティナ・シーリグ先生はブレインストーミングにかける適切な時間として、元気が残っている間に終わらせることが重要と言っています。

時々、ブレインストーミングでは夢中になりすぎて燃え尽きてしまう人がいます。

本来ならブレインストーミングの活気が参加者を元気にしてくれるはずなのですが、もしブレインストーミングが終わった後に疲れるようなことがあれば何かが違っているということです。

ですから、元気が残っているうちに終わらせるのが良いのです。

ティナ・シーリグ先生は革新的なアイデアを出すにはブレインストーミングの時間は10分から45分が最適と感じているようです。

ブレインストーミングでは無理だと思うような目標を立てるに続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加