エドワード・デボノ博士の「6色の帽子」6つの思考スタイル・視点で考える

DVD BOX

とうとう番組DVDが発売!

NHK スタンフォード白熱教室 DVD BOX »

全8回の講義の模様を収録したDVDにロングインタビューを収録の特典ディスクが付いた5枚組。


エドワード・デボノ博士の「6色の帽子」6つの思考スタイル・視点で考える

「6色の帽子」とは「思考の主なスタイルを6つに分けられる」としたエドワード・デボノ博士が提唱する創造的思考法です。

それぞれの色のは以下の意味があります。

  • ホワイト
    事実を重視。データ好き。客観的。中立的。
  • グリーン
    創造性でリードする。アイデアを創り出す。
  • イエロー
    和を重んじる。楽観的。積極的。ポジティブな思考。
  • ブラック
    ダメ出し屋。問題点を指摘。
  • レッド
    感情で人を動かす。直感を重視。熱意。気持ちを重視。
  • ブルー
    プロセス重視。段取りが好き。冷静。整理。

学生には事前に「6色の帽子」という診断テストを受けてもらって、自分が何色なのか、どんな思考の傾向があるのか確認していもらっています。

社会に出るとチームで仕事をしますが、皆、仕事のやり方は違います。

人それぞ世界観が違っていて、チームの中でのやり方やスタイルが違います。

「6色の帽子」の診断テストをすると、自分がチームの中でどういうタイプなのかが分かるのです。

講義では以下の手順で作業を行いました。

(1)最初にチームに分かれ、チーム内でメンバーがそれぞれどんな仕事の仕方を好むのかを理解する。自分はどうやって仕事をしたいかを話し合う。

(2)「小さな家族経営の店が大型チェーンと競合するには?」というテーマを生徒たちに与える。

(3)チーム全員がホワイトの帽子(事実を重視。データ好き。客観的。中立的。)をかぶってこのテーマを考える。

(4)グリーンの帽子(創造性でリードする。アイデアを創り出す。)をかぶってこのテーマを考える。

(5)イエローの帽子(和を重んじる。楽観的。積極的。ポジティブな思考。)をかぶってこのテーマを考える。

(6)ブラックの帽子(ダメ出し屋。問題点を指摘。)をかぶってこのテーマを考える。

(7)レッドの帽子(感情で人を動かす。直感を重視。熱意。気持ちを重視。)をかぶってこのテーマを考える。

(8)ブルーの帽子(プロセス重視。段取りが好き。冷静。整理。)をかぶってこのテーマを考える。

(9)今まで被った帽子の中で、自分が一番違和感があった色の帽子をかぶって議論する。

(10)今まで被った帽子の中で、自分が一番好きな色の帽子をかぶって議論する。

このように、生徒それぞれが様々な人になりきって、様々な視点から同じテーマを考えていきました。

生徒たちは次のように感じました。

  • 自分が何色の帽子をかぶっているか忘れてしまう時がよくあった。1つの色から別の色に瞬時に変わるのは難しかった。
  • 帽子を取り替えた順番はブレインストーミングのプロセスと一致していたと感じた。
  • 皆が同じ色の帽子を被っている時に議論が難しかったことに驚いた。普通に考えれば、みんな同じなんだからもっとアイデアが出ると思った。実は、色んなタイプの人が必要なんだと感じた。
  • 帽子をかぶっていると、人によって考え方が違うことや視点の違いがはっきりと分かった。
  • 帽子の色によってプロセスが変わった。
  • 全員が同じだと本当に難しかった。ただ繰り返しになってしまったり。
  • 全員がグリーンの帽子(創造性でリードする。アイデアを創り出す。)を被っていた時はたくさんのアイデアが出た。
  • 普段は誰が何色の帽子を被っているか分からないが、全員が同じ色の帽子を被って議論すると、目的がはっきりして話しやすく議論が発展した。

会議が変わる6つの帽子
会議が変わる6つの帽子

第5回「30分で新製品を作る」より良いプレゼンをするために必要な2つのことに続く »

当サイトをきっかけにティナ・シーリグ先生の「起業家育成コース」についてもっと詳しい内容を知りたいと思った人は、以下のDVDや書籍をご覧ください。

NHK DVD スタンフォード白熱教室DVD BOX [DVD]
NHK DVD スタンフォード白熱教室DVD BOX [DVD]
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
ティナ・シーリグのスタンフォード大学白熱講義 (DVD付き)
ティナ・シーリグのスタンフォード大学白熱講義 (DVD付き)
What I Wish I Knew When I Was 20
What I Wish I Knew When I Was 20