人を採用する過程で創造力はどう判定するのか?

DVD BOX

とうとう番組DVDが発売!

NHK スタンフォード白熱教室 DVD BOX »

全8回の講義の模様を収録したDVDにロングインタビューを収録の特典ディスクが付いた5枚組。


人を採用する過程で創造力はどう判定するのか?

限られた面室時間でどのような基準で創造力があるかどうか判定するのですか?

ジュリー・ズー(Facebookで「いいね」ボタンを作った人)

その人の過去の仕事や作品を見るのは、面接では非常に重要視する。 クリエイティブな人だったら、これまでの仕事とか見せられるものを持っているはず。 その作品を見る過程でクリエイティブかどうか分かる。

ホント

少なくてもデザインの仕事に関する限り、広報の人に来てもらって、その場でパズルのような課題を与えて判定するのは難しい。 1回だけのパズルよりも過去の作品や仕事について聞いた方が、はるかに多くの情報を得られる。 作品を通じて、惹きつけられるようなストーリーがあるか、自分の価値を印象づけられるものがあるかをクリティブデザイナーを採用する時に見ている。

ジェフ・ホーキンス(携帯情報端末PDAを発明した人)

携帯端末を作っている時に、面接の中でその人がどんな携帯を使っているかを聞いて、その携帯のどこが気にくわないかを問いかけました。 これは非常に良いテストで、自分が使っているものに対して、批判的な見方ができているかが創造性の判定になる。

ホント

ドナ・ノビツキー(会社立ち上げのスペシャリスト)

「あなたのは自分が犬型の人間だと思いますか?猫型の人間だと思いますか?」と質問して、候補者がどのような反応をするのか見ていた。 単純に「犬」か「猫」と答えるのか。それとも、何か理由をつけて答えるのか見ていました。

ウソ

ブレンダン・ボイル(150以上のオモチャを発明した人)

1人を少なくても35人が面接するようにしてる。35人が全員合格を出さないとダメ。「この人はこの会社の文化に合わない」と1人でも思ったらダメ。

ウソ

35人でできれば理想だけど時間がかかりすぎる。大きな会社だと10人〜12人くらいでできるかもしれないけど、35人は多すぎる。

創造性を高めるチーム編成にするための秘訣は?に続く »

当サイトをきっかけにティナ・シーリグ先生の「起業家育成コース」についてもっと詳しい内容を知りたいと思った人は、以下のDVDや書籍をご覧ください。

NHK DVD スタンフォード白熱教室DVD BOX [DVD]
NHK DVD スタンフォード白熱教室DVD BOX [DVD]
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
ティナ・シーリグのスタンフォード大学白熱講義 (DVD付き)
ティナ・シーリグのスタンフォード大学白熱講義 (DVD付き)
What I Wish I Knew When I Was 20
What I Wish I Knew When I Was 20

口内炎の原因 口内炎ができる原因と治療法

美肌・モチモチ肌