実験する姿勢を持ち、失敗することを受け入れる

実験する姿勢を持ち、失敗することを受け入れる

クリエイティブになるには実験する姿勢を持つことも大切です。

素早く試作品を作って、何が上手くいくのかをつきとめるのです。

つまり、逆に言えば、失敗することを受け入れるということです。

もちろん、誰も失敗することは好きではありません。

失敗は目標ではありませんが、素晴らしい結果にたどりつくための必要な過程なのです。

ですから、なるべく早く何回も失敗することが効果的な解決に進む道となります。

絶対に解決に導かれるんだという自信を持つに続く »

このエントリーをはてなブックマークに追加