トランプゲームを通して組織の様々なレベルで創造性を発揮できることを体験する

DVD BOX

とうとう番組DVDが発売!

NHK スタンフォード白熱教室 DVD BOX »

全8回の講義の模様を収録したDVDにロングインタビューを収録の特典ディスクが付いた5枚組。


トランプゲームを通して組織の様々なレベルで創造性を発揮できることを体験する

今回の講義ではトランプを使ったシミュレーションゲームを行います。

このトランプゲームを通して、組織の様々なレベルで創造性を発揮できることを体験します。

それは実社会で様々な状況の変化に対応するのと同じです。

計画から実行、競い合うのか、あるいは、協力しあうのか。

クリエイティブな解決策を学生たちは模索していきます。

トランプゲームのやり方

(1)これまで組んだことがない人同士で3人1組のチームになる。

(2)教室を真ん中で分け、「テーブルの世界(1チーム1テーブル)」と「イスの世界(イスに座ってチームごとにまとまる)」の2つの異なる世界に分かれる。

(3)2つの異なる世界で別々にゲームが同時進行する。

(4)チームの中でキャプテンを選ぶ。

(5)ゲームのルールを説明するが、質問はできない。また、説明する以外にルールはない。

(6)各チームに「トランプを一束」と「チップ10枚」と「説明書1枚」を配る。

ゲームのルール

(1)チップは1枚1点。

(2)トランプで家で作る。

(3)それぞれの世界に3組の絵柄のトランプを(枚数を間引いて)4チームで分ける。

(4)使うトランプはトランプの裏の絵柄が同じもの。すべて同じ絵柄のトランプで家を造る。(絵柄は3種類ある)

(5)家の各階は赤(ハート・ダイヤ)または黒(クラブ・スペード)で統一して、各階が交互に「赤黒赤黒」となるようにする。

(6)最上階のカードは絵札([J]ジャック・[Q]クイーン・[K]キング)でなければならない。

(7)途中で状況が変わっても驚かないこと。

(8)時間は40分。

得点の集計方法

(1)使われたトランプ1枚につき1点。

(2)家の階数ごとにボーナスポイント1点加算。

(3)52枚のトランプすべてを使った場合にはボーナスポイント20点加算。

(4)手持ちのチップの数もポイントに加える。

途中で変更や追加された環境や条件

(1)<10分経過>
先生が「みなさんに朗報ですよ〜!」と言って、シールが貼ってあるステッカー1枚をチップ1枚で販売する。「興味がある人は言ってね。数に限りがあるから。」と言う。
 ↓
買うチームもあれば、買わないチームもある。

(2)<20分経過>
先生が「はいみなさん、大変良いニュースです。規制緩和によってそれぞれの会社の生産力が上がります。各チームに追加で3枚のトランプを配ります。」と言って、各チームのキャプテンに3枚ずつトランプを渡す。

(3)<30分経過>
先生が「素晴らしいチャンスが到来です!競合会社が倒産して、その会社のすべての知的財産が売りに出されました。両方の世界で使われている残りのカードを今持っています。それを今からオークションで売ります。」と言って、各チームのキャプテンにオークションをさせる。
 ↓
「テーブルの世界(1チーム1テーブル)」では各チームが必死に値段をつり上げながらオークションする。
「イスの世界(イスに座ってチームごとにまとまる)」ではすべてのチームが1つに合併した後だったので、1ドルで競り落とす。

(4)<残り5分前>
「ちょっといいですか。とても大切なお知らせがあります。キャプテンは前に来て下さい。みなさんは競合しているチームに引き抜きにあいました。とても断れない良い話です。ですから、自分のチームを辞めてもらって別のチームに行ってもらいます。その際に、トランプを2枚持っていってもいいです。知的財産としてね。トランプを持っていく、いかないはそれぞれの任意ですが、自分自身は他のチームに移らなければいけません。」
 ↓
「イスの世界(イスに座ってチームごとにまとまる)」ではすべてのチームが1つに合併した後だったので、気にしない。
「テーブルの世界(1チーム1テーブル)」では各チームのキャプテンが他のチームに行きたがらない。

生徒たちの行動

  • 「テーブルの世界(1チーム1テーブル)」はトランプの絵柄の数に合わせて、4チームから3チームにチーム編成しなおした。
  • 自分のチームの得点を増やすことだけでなく、他のチームが集めているであろう絵柄のトランプをチップで買ったりして他のチームの得点を阻止することも考える。
  • 足りないカードを作るために、何枚かのトランプをちぎって半分にするチームも出てくる。
  • 「イスの世界(イスに座ってチームごとにまとまる)」ではチーム同士で合併話が出る。最終的にはすべてのチームが合併し、巨大な家を作ることを目指す。その後の競争相手は「テーブルの世界(1チーム1テーブル)」の各チームとなった。
  • トランプを使ってビジュアル的に家に見えるように作るチームもあれば、単純に重ねる(トランプ1枚が1フロアーと解釈)だけのチームもある。

社会にあるトランプすべてを自分でコントロールできないに続く »

当サイトをきっかけにティナ・シーリグ先生の「起業家育成コース」についてもっと詳しい内容を知りたいと思った人は、以下のDVDや書籍をご覧ください。

NHK DVD スタンフォード白熱教室DVD BOX [DVD]
NHK DVD スタンフォード白熱教室DVD BOX [DVD]
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
ティナ・シーリグのスタンフォード大学白熱講義 (DVD付き)
ティナ・シーリグのスタンフォード大学白熱講義 (DVD付き)
What I Wish I Knew When I Was 20
What I Wish I Knew When I Was 20

宮城県の格安ゴルフ場

宅配DVDレンタル ぽすれん DVD・CD・Blu-rayをパソコンや携帯から手軽にレンタル