変なアイデアから面白いアイデアが生まれる理由

DVD BOX

とうとう番組DVDが発売!

NHK スタンフォード白熱教室 DVD BOX »

全8回の講義の模様を収録したDVDにロングインタビューを収録の特典ディスクが付いた5枚組。


変なアイデアから面白いアイデアが生まれる理由

今回の講義では「最高の家族旅行」についてブレインストーミングし、それをひっくり返して「最悪な家族旅行」を考え、そこからクールな旅行のアイデアを思いつきました。

そして、「奇抜なアイデアを出す手法」を使い、「ファーストフードの常識を誇張したり、常識をくつがえしたりして、斬新なレストランのアイデアを出しました。

ティナ・シーリグ先生はさらに「変なアイデアから面白いアイデアが生まれる理由」を以下のように生徒たちに語ります。

  • 常に最悪のアイデアを出したり、ひっくり返して考えたりしなさいとは言わないが、ひらめきを得たり、固定概念から飛び出したりする1つの手法であると考えられる。
  • アイデアを評価する時間があるなら、良いアイデアを考えた方がムダな労力を使わずに済む。
  • 最悪のケースを考えてアイデアを出すというのもブレインストーミングで使われる重要な手法。そうすると、素晴らしいアイデアのひらめきを得ることができる。
  • 変なアイデアを考えている時、楽しい時やふざけている時、気持ちが軽いときにアイデアがどんどん生まれてくる。バカなことをとことんやるとそれが面白くて、今度はもっと面白いアイデアが生まれてくる。
  • 科学的な手法はすでに存在しているものを発見する力。ものを発見することと創り出すことは全く異なること。今回学んだ手法は創造する力を発揮させるのに有効なプロセス。
  • 良いアイデアを思いついた時、本当に十分な良いアイデアかと考えてしまう。でも、それをひっくり返して最悪のアイデアを出す時は、本当に最悪だなんて考えない。これは重要なポイント。
  • 良いアイデアを出そうとするとき、自分の中で「あまり良くない」と判断し修正する傾向があるが、最悪のアイデアを考えるときは、「それでいいのか?」と気にしない。どんなに変でもかまわない。
  • 最悪のアイデアを出すということは、分別を取り払って、自分を解放すること。

ティナ・シーリグ先生は最後に次のように語ります。

アイデアを生み出す段階では、どんなアイデアに落ち着くのか自分でも分からないから、アイデアの種を蒔いて、育て、花を咲かせてからそれを実行するか否か決めた方がいい。

最初は最悪だと思っても、どうみても何かに化けるようには見えないと思っても、その変なアイデアが実は驚くような結果をもたらす場合もある。

変なアイデアから面白いアイデアが生まれるということもあるのです。

第4回「6色の考える帽子」チームで動くこと「チームダイナミクス」について学ぶに続く »

当サイトをきっかけにティナ・シーリグ先生の「起業家育成コース」についてもっと詳しい内容を知りたいと思った人は、以下のDVDや書籍をご覧ください。

NHK DVD スタンフォード白熱教室DVD BOX [DVD]
NHK DVD スタンフォード白熱教室DVD BOX [DVD]
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
ティナ・シーリグのスタンフォード大学白熱講義 (DVD付き)
ティナ・シーリグのスタンフォード大学白熱講義 (DVD付き)
What I Wish I Knew When I Was 20
What I Wish I Knew When I Was 20

ゴルフ場の予約 ゴルフ場やカントリークラブの予約サイト

改正貸金業法の飲食店の経営者への影響